バイアグラは精力剤ではない

バイアグラがアメリカで販売される様になったとき、日本でもかなりニュースとなり、多くの男性陣を騒がせました。

早速、個人輸入をする人などもいるなど、これまで治療することができないと考えられていた勃起不全の治療を心待ちにしていた人が多くいたということでしょう。

ただし、ここで大きな誤解があったことは、バイアグラを精力剤の様に思っている人が多くいたことです。

バイアグラを飲むとすごい!という様な抽象的な噂ばかりが面白おかしく広がっていったために、バイアグラを服用すれば、すぐに勃起すると思ってしまっているのです。

今でもバイアグラを服用すると聞くと、精が出ますねなんて勘違いする人もいるくらいで、EDの治療のし辛さがあるのはこういったことも関係しているのかもしれません。

バイアグラというのは、有効成分が血液の流れを促進し、勃起機能を妨げる酵素の働きを阻害する作用がある薬です。

このことからもわかる様に服用することで、勃起をするというわけではないのです。

あくまで、勃起機能の改善をさせるためであり、薬の効果を確かめるには、性的刺激や性的興奮を脳で感じる必要があります。

バイアグラはこの様に血管や酵素に働きかける薬であることから、効果が得られないからと連続して服用することはできません。

性的刺激や性的興奮を受けても勃起ができないという場合は、バイアグラが体に合わない、バイアグラの服用方法が正しくないなどの可能性がありますので、医師への相談をする様にしましょう。

服用して、何もせずに勃起しないというのは間違った見解です。

バイアグラの知らないこと